武蔵野音楽大学の音楽総合学科の魅力を紹介

武蔵野音楽大学音楽学部では、より幅広く音楽に携われるカリキュラムもあります。それが、音楽総合学科です。音楽をさまざまな角度から学べる学科で、多様な能力を身につけることが狙いです。そんな音楽総合学科の魅力を紹介します。

■特色のある4つのコース
音楽学部音楽総合学科は、音楽の伝統や歴史をベースにした基礎教育、時代のニーズに適合したテクノロジーを融合させた学習プログラムを展開しています。自らの履修したコース以外にも、幅広い科目の履修が可能。全4コースを総合的に学べ、コースの垣根をなくした横断的な学習ができます。

【音楽総合学科の各コース】
1)作曲コース
2)音楽学コース
3)音楽教育コース
4)アートマネジメントコース

音楽総合学科は、「オープンメジャーシステム」を導入しています。1年次はコースに関係なく、全学生がオープンメジャーシステムで基礎科目を中心に履修。2年に進級する際、4つのコースを選択して専門的な学習に入ります。一部の国立大学のように1年次に文・理系を問わず、全学生が教養学部に入るシステムに似ています。

■作曲コース・音楽学コースの特徴とは
作曲コースはクラシックをはじめ、Jポップ・映画音楽・ゲーム音楽など、多様な広がりを持つ現代の音楽シーンに対応。芸術音楽と商業音楽の両方に対応できる作曲家の「マルチ・コンポーザー」の育成を目指します。Finaleなどの楽譜制作ソフト、Pro Toolsを使った録音・編集など実践的な機器を利用し、イメージをカタチにしていきます。

音楽学コースは、日本伝統の音楽の歴史的・文化的背景を考察。西洋音楽、民族音楽など世界に目を向けた体系的な学習を進めていきます。音楽についての研究や洞察を含めて、深い知識が身につきます。将来的に音楽研究者、評論家など、卒業後の進路も幅広く対応できます。

■音楽教育コース・アートマネジメントコースの特徴とは
音楽教育コースは、音楽の指導を通して、より多くの人たちに魅力を伝えていくのが狙いです。未就学児の情操教育に音楽は欠かせない存在ですよね。もちろん、小中高などの教育をはじめ、各音楽団体などで幅広い視野を持って、指導にあたれる人材の育成を目指します。

アートマネジメントコースは、卓越した感性で舞台芸術を支える人材の育成に主眼を置いています。観客に感動を与えるのは、演奏家だけでありません。演奏のプロデュースや演出などのディレクションが成功への鍵を握ります。各種公演の企画・運営、施設の管理・運営を通して、プレゼンテーション能力を高める学習も行います。