武蔵野音楽大学の実践的な授業を一挙公開

武蔵野音楽大学では、各学科で実践的な授業を展開しています。長年の歴史とキャリアの中で、音楽関係の幅広いネットワーク網を構築。プロのオーケストラなどで、実戦舞台を経験できる貴重な授業もあります。

■年間約120回の演奏会や公開講座を実施
音楽芸術の分野において、座学などの授業に加え、実践的な学習も大切になります。質の高い音楽や演奏、一流音楽家や演奏家の話を聞くのは、自らの感性を養う絶好の機会になります。武蔵野音楽大学では、年間約120回にわたる演奏会や公開講座を実施。3日に1回は一流の音楽家による音楽の神髄に触れることができます。

これに加えて、学生が自らの技術を本番さながらに披露する機会も多くあり、貴重な経験が積めます。授業のカリキュラム以外にも、学生たちが自ら企画・運営する演奏会も定期的に開催。演奏会を学生自身の手でプロデュースすることで、実践的な知識や経験が身につき、大きなステップアップにもつながります。

■国内外の音楽家を招き、一流の音楽に触れる
武蔵野音楽大学では、数多くの国内外の演奏団体を招いて、良質な音楽を聴く機会を提供しています。一部を除き、コンサートは無料で聴講することができます。コンサート団体の質・開催回数など、国内の音楽大学ではトップレベルの規模を誇ります。これも、武蔵野音楽大学のメリットの一つです。

【開催された主なコンサート】
▽国際交流
・国立台湾師範大学音楽学部演奏会
・日本・ハンガリー国交回復50周年記念交流事業 リスト音楽院管弦楽団
▽演奏会
・管弦楽団演奏会
・合唱団演奏会
・室内合唱団演奏会
・オペラ公演(魔笛)
・室内管弦楽団演奏会
・シンフォニック ウィンド オーケストラ演奏会

■実践的な公開講座と海外演奏旅行
武蔵野音楽大学の実践的な音楽の学びに、各種公開講座があります。一流の音楽家たちによる公開レッスン、ピアノリサイタルなどを展開しています。通常では学ぶことができない講師陣が顔をそろえ、学生たちの音楽の五感を刺激します。国内外で活躍する著名な音楽家たちの生の声・生の演奏が大きな刺激になります。

【主な公開講座シリーズ】
・エヴァ・メイ女子…声楽公開レッスン
・イリヤ・イーティン客員教授…ピアノリサイタル
・ジャン=マルク・ルイサダ氏…ピアノ公開講座
・ペーター・ヤブロンスキー氏…ピアノ公開講座
・オーティス・マーフィー客員教授…サクソフォーンリサイタル
・ケマル・ゲキチ客員教授…ピアノリサイタル