武蔵野音楽大学の独自の奨学金制度とは

武蔵野音楽大学へ進学したいけど、学費はいくらかかるのだろうか?奨学金制度を利用できるのだろうか? 音楽大学は学費が高額になるイメージがあり、悩みどころでもあります。そこで、武蔵野音楽大学の奨学金制度を見てみましょう。

■初年度の学費等納入金
武蔵野音楽大学の「初年度学費等納入金」は218万~229万円です。これは学科と学科内のコースによって変わります。演奏学科の器楽・声楽コースが221万円、ヴィルトゥオーゾコースが229万円です。音楽総合学科は218万円となっています。授業料自体は167万~178万円です。

▽授業料(初年度納入金)
国立大学:入学金28万2,000円+53万5,800円=81万7,800円
私立大文系:114万6,819円
私立大理系:150万1,233円
私立大歯医系:460万6,887円     

■返還義務のない「福井直秋記念奨学金」
武蔵野音楽大では、創設者の名前を記した「福井直秋記念奨学金」制度があります。最大の特徴は、返還義務のない独自の奨学金制度ということです。入学時と入学後の2つのケースで奨学金が利用できます。対象の学生は「学業、人物ともに優れ、向学心あふれる学生に与えられる」としています。

【福井直秋記念奨学金】
▽入学時(音楽学部1年次)対象
特別給費奨学金:年間授業料全額相当2人
       :年間授業料半額相当2人
給費奨学金:入学金相当(10万円)20人
▽入学後対象
給付奨学金:年額20万円(音楽学部2~4年次)28人程度
      年額22万円(大学院修士課程1~2年次)16人程度
      年額10万円(大学院博士後期課程3年次)学位取得者
特別給費奨学金:年間授業料全額相当(音楽学部2~4年次)1人
特別成果給費奨学金:年間30万円(全学年)若干名=学業等で顕著な成果を挙げた学生
緊急給費奨学金:年間最高20万円(全学年)数名=家計の急変で学業継続が困難な学生

■そのほかの支援・特典など
利用できる奨学金にはこのほか、「日本学生支援機構奨学金」などがあります。奨学金は無利子で貸与される「第一種奨学金」と、低金利の有利子で貸与される「第二種奨学金」の2種類あります。貸与された奨学金は、社会人になってから返還する義務があります。

▽経済的負担を軽減する主な特典
・外国人客員教授のレッスンは無料
・副科のレッスン、オーディション等による選抜者の授業、課外授業が無料
・演奏会、公開講座の入場料なども無料
・各種講座、課外講座の履修や聴講が無料
・演奏旅行への参加は無料(海外演奏旅行のみ一部参加者負担)
・学生保険の大半は大学が負担
・災害で被害を受けた場合の授業料が減額